Top / ご当地防衛アイドル☆ドロシードールズ
HTML convert time: 0.021 sec.

ご当地防衛アイドル☆ドロシードールズ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加 Last-modified: 2016-10-18 (火) 02:16:36

ご当地防衛アイドル☆ドロシードールズ

作者名:寝る犬

あらすじ

2026年、日本。

ロストテクノロジーである思念資源《アカシック・レコード》の使用が実現化された日本は、かつてない他国からの脅威にさらされていた。

敵国の攻撃部隊は現実の次元からディメンジョンシフトしており、姿も見えて触れることもできるが、大けがをさせる・破壊すると言った大きな干渉は出来ない。
そのため通常兵器はほとんど効果がなく、相手の攻撃も、思念資源を奪う以上の破壊行動にはつながらなかった。
日本は自衛隊を出動させるが、①相手が国民を傷つけることが可能な武器を持たない。②実際に拠点を攻撃していない。との理由から、それには専守防衛の観点より、国民の、そして国際的なコンセンサスを得ることが出来ない。
窮した日本国は、民間機関に助けを求めた。

そこに現れたのが「ご当地防衛アイドル」を擁する、「ウィザード・オブ・オズ」と言う名の独立行政法人であった。
彼らは遺跡から発掘された「銀の靴」と呼ばれるオーパーツを元に、敵国のESP兵器とは別の技術により、人間に思念エネルギーを装填する「ドロシーシステム」を作り上げる。

ドロシーシステムによりESPを強化された少女たちは、日本を守るために敵軍と戦うのだった。

小説情報

完結設定:完結済
キーワード:異能力バトル ヒーロー 近未来 女主人公 魔法 超能力 バトル 少女 アイドル
ジャンル:空想科学〔SF〕

読んだ!

選択肢 投票
面白い 0  
普通 0  
つまらない 0  

コメント



参照 総計:61 / 今日:1 / 昨日:0
Editこのページを編集する (最終更新:2016-10-18 (火) 02:16:36)