Top / 俺の小説の書き方
HTML convert time: 0.005 sec.

俺の小説の書き方

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加 Last-modified: 2016-10-28 (金) 13:37:24

あらすじ

小説のイロハも知らないまま小説を書こうなどと考えた、相楽山椒のだらだらとした執筆活動の経緯と、疑問とか悩みとか、無駄に煩雑な考察とか。
たぶん皆同じようなことを考えているんではないかと思いながら、活動報告的な側面も合わせて気づいたことを書き連ねています。

お門違い、見当違いも多分に含んでいるかとは思いますが、専門の教育受けたわけでも、文芸部で部活動してたわけでも、無類の小説好きでもござんせん。そんなわけですのであんまりアテにしないでください。

不埒な筆者の戯言ですが話しご一読いただき何かの役に立てばと思います。

読んだ!

選択肢 投票
面白い 0  
普通 0  
つまらない 0  

コメント



参照 総計:1180 / 今日:1 / 昨日:1
Editこのページを編集する (最終更新:2016-10-28 (金) 13:37:24)